我說了別相信我的解讀
我目前看不懂的
--
摘自朝日新聞:每日小學生新聞
 

002

文科省:小学校の授業増やす 早くても4年後に

 小学校(しょうがっこう)国語(こくご)算数(さんすう)などの授業時間(じゅぎょうじかん)()えることになりました。「()どもの学力(がくりょく)()ちている」という指摘(してき)があるためです。授業時間(じゅぎょうじかん)はこれまで()ってきたので、()えるのは三十(ねん)ぶりです。ただし実際(じっさい)()えるのは、(はや)くても二〇一一年春(ねんはる)(いま)の二年生(ねんせい)が六年生(ねんせい)になる(とき)からです。

 授業時間(じゅぎょうじかん)()やそうと、文部科学省(もんぶかがくしょう)(くに)役所(やくしょ))が(かんが)え、八(がつ)三十(にち)専門家(せんもんか)(あつ)まる中央教育審議会(ちゅうおうきょういくしんぎかい)会議(かいぎ)で、ほぼ(みと)められたのです。

 (おも)な4教科(きょうか)体育(たいいく)

 低学年(ていがくねん)では国語(こくご)算数(さんすう)体育(たいいく)中学年(ちゅうがくねん)では国語(こくご)算数(さんすう)体育(たいいく)理科(りか)社会(しゃかい)高学年(こうがくねん)では算数(さんすう)理科(りか)社会(しゃかい)--の授業(じゅぎょう)(やく)一割増(わりふ)やします。

 高学年(こうがくねん)では英語(えいご)

 これとは(べつ)に、高学年(こうがくねん)では英語活動(えいごかつどう)(しゅう)時間程度(じかんていど))が(はじ)まります。英語活動(えいごかつどう)(いま)もかなりの学校(がっこう)が「総合的(そうごうてき)学習(がくしゅう)時間(じかん)」などに()()れていますが、すべての学校(がっこう)(はじ)まることになります。

 総合学習(そうごうがくしゅう)()らす

 ()える勉強(べんきょう)はどんな時間(じかん)使(つか)うのでしょうか。(ひと)つは、三~六年生(ねんせい)総合学習(そうごうがくしゅう)(いま)(しゅう)時間程度(じかんていど)から(しゅう)時間程度(じかんていど)()らして、その時間(じかん)使(つか)います。夏休(なつやす)みを(ちぢ)めたり、(あさ)十分間読書(ぷんかんどくしょ)時間(じかん)使(つか)うよう学校(がっこう)(もと)めるそうです。

 すべての授業時間(じゅぎょうじかん)()わせると、低学年(ていがくねん)は一年間(ねんかん)に七十時間(じかん)中高学年(ちゅうこうがくねん)三十五時間程度増(じかんていどふ)えることになります。

 これらを実施(じっし)するため、文科省(もんかしょう)

創作者介紹

hannah+egg