總覺得有些詞彙是自己會(常常?)用上的。
--

加賀は祐理をビルの屋上に呼び出した。      加賀把祐理叫到屋頂上。
「こんにちは。」                「你好。」
「・・・私に確認したいことがあると伺いましたが。」  「聽說你想向我確認一些事情。」
「何か、スポーツされてました?」         「以前練過什麼運動嗎?」
「いきなり何でしょうか。」            「這麼突然,到底想問什麼?」
「背が高いんで、バスケか、バレーボールなど    「因為你很高,想知道
 やっておられたのかと。」            你會不會打籃球、排球之類的。」
「中学、高校とバスケ部でしたけど・・。」      「國高中時候是籃球部的……。」
「ご両親も背が高かったですか?」         「父母親也很高嗎?」
「母は小柄でしたけど。             「媽媽是小個子……
 あの、一体何が聞きたいんですか?」       喂,到底想要問什麼?」
「失礼しました。                「不好意思,
 私も背が高いんで、               因為我也很高,
 私が普段初対面の方に聞かれることを、      時常被初次見面的人問的問題……
 そのまま聞いてみたんです。           也想問你一下。
 では、本題に入りましょう。            那,切入正題吧。
 今日は見てもらいたいものがあるんですがね。    今天其實有東西想讓你看看吶。
 ご存知ですか?」                你知道這個人嗎?」
加賀は、弘毅の写真を見せてみる。        加賀將弘毅的照片遞給她看。
                          
                         --摘自《新參者》第八章
創作者介紹

hannah+egg

hannahegg 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(1) 人氣()


留言列表 (1)

發表留言
  • Beauty Kingdom
  • 來給你加加油~打打氣!!!更新之餘,也要注意休息哦~~
  • 那位?

    hannahegg 於 2010/06/23 01:02 回覆

找更多相關文章與討論